Free person reading a book

天使ラファエルとの対話⑭多重人格さん

では、今日は前回の続きで、自殺と多重人格の話になります。

では、ラファエルからです。

大天使ラファエル・・・・多重人格についてですが、あなたは自分が多重人格だと心配していたようですね

わたし・・・・はい、そうなんじゃないかなと思っていました

思い当たることもあったし

ラファエル・・・あなたの場合には、それには当てはまりませんね

そして、あなたのように自分は多重人格ではないかと心配している人はたくさんいます

そして多くの人は、多重人格ではありません

例えば頭で誰かの声がすることや、あなたのように、後ろに誰かが居るように感じたり、全く声色が違う時があったり、昨日と今日の人格が違っているように思えたりするわけです

わたし・・・・そうそう、そんなかんじでした。

ラファエル・・・・この言い方が乱暴に聞こえるかも知れませんが、人として当たり前の状態の範疇です、これら全部は

もしこれらの状態をあえて病的に言い表すなら、トラウマ体験により、極度に人や物事を恐れる傾向にある・・・・という風に言うことができますが

あなたの言葉で言うなら、

サブパーソナリティが傷つきすぎているということになりますね

わたし・・・そうなんだ!

わたしの学んだ中にサブパーソナリティの概念があって、それは誰でも内面に十数人のパーソナリティを持つというものです。

そうか、彼らが傷つきすぎているってことなんですね。すごく納得できました。

ラファエル・・・・ただ、おそらくこれを読んでいる方の何%の方は、実際の多重人格者の方になりますので、彼らに向けたお話をしようと思います

壮絶なトラウマ体験によってみなさんは多重人格者となりました

そのトラウマと向き合うことはどれだけ過酷なことだったかと思うと私は胸が痛みます

そして、この地球上で多重人格のケアをできる専門家がほとんど居ないという事実もあります

多くの人は心理療法家のところでケアを受けているのだと思います

そんなみなさんに、この言葉を贈りたいと思います

勇気を出してこの人生の冒険に乗り出してくれてありがとう

皆さんを管轄するのは私たち大天使ではなく、神そのものです

神の意志のもとに皆さんは集まり、そして地球上に降り立ちました

そして、地球にくる前の重力のない状態で、軽々と自分の今回に人生を決めてしまったことを、どれだけ後悔したことでしょう笑

みんな、大変なことをたくさん計画してしまうものですから

さて、私はみなさんの底力を知っていますので、あえてこの言葉を贈らせてください

あなたの始末はあなた自身でできる

そして、あなたはそれを周りに伝えて助けを求める権利がある

あなたの人生が世界中の人々を結果的に救っている

どうぞかけがえのない人生をおくっているという事実をあなた自身が認識していてください

そして敬意と信頼と愛を持ってあなたをサポートします

大天使ラファエル

コメントを残す