母と子供 魂の転生

私の子供時代、特に生まれたばかりの頃のこと。

あまりご飯を与えられなかったり、おむつの中に大の方をすると、母親がおこったり、熱湯を口の中に入れられたこともあった。

もちろん頭の記憶にはないのだが、悲しいかなそういった大きなトラウマは体の記憶に残ってしまい、一生を通して影響を受けてしまう。

ぎりぎり覚えているのが、私がいかにだめな子供かということを、おばや他の人達に母が訴えていたことくらい。

その後、私が生きつづけること、死んではくれないのだと母は諦めたようで、私が小学校3,4年くらいの頃には、一変して良い母親を模索し始めていた。だから、私の顕在意識には、虐待のこともちろん、家の中で、居場所がなく、いたたまれなかったことなども覚えてはいなかった。

しかし、いつも、ここは私の居場所ではないという感覚はつきまっていた。

スピリチュアルに傾倒してからは、宇宙から来た魂だからそう思うのだろうと思っていたが、実際には乳幼児の頃の虐待、放置が原因で、どこにいても私はここにいてはならないと思ってしまっていたのだった。

前世では、同じような状況で、確かロンドンかイギリスで生まれたが、10代で自殺したことがあった。

その前の過去世でも、母親の愛情を得られずに、結局自殺していた。

それを踏まえての今世。

しかし、なかなかの過酷さであったと思う。ご飯を与えられず、2回ほど心臓が止まっていることは、体の記憶に残っていた。

母親から死んでほしいと願われる子供は、全く普通の成長は望めないと思う。私も、依存症、依存的な行動を繰り返していたし、もっと悲惨なこともたくさんあった。

依存的な行動は、母親からの拒絶を思い出しそうになると反射的に依存的な行動に走ってしまうから起こる。

例えば、摂食障害。例えば買い物依存。一日中動画を見続けたりもした。人を傷つけたり、自分がわざと傷つくことをしたり。いいと思って続けてきたことを自分でぶち壊したり。

とにかく、拒絶されたことを思い出さないためならなんでもやってしまう。

一方で、私は幸いなことに、アルコールを受け付けない体だったので、アルコール依存にはなれなかった。お酒が飲める体質だったら、間違いなくアル中になっていたと思う。

また、ドラッグにもなぜか縁がなかった。19歳の頃に週3でクラブに通っていて、家に戻ると洋服がドラック臭いことなんてしょっちゅうだったのに、お呼びがかからなかった。

だから、その点ではラッキーだったとも言える。

今生では、自殺はしないようにギリギリで設定されているように思えた。

私の人生の困難さについては、もういいかなあという感じ。自分で困難を選んできたことが分かってきたから、それはもういいかなって思う。

死にたいとずっと毎日思ってきたが、その原因も分かったし。しかし、原因がわかったからと言って、死にたいという気持ちがなくなるわけではない。

ただ対処法を私は知っていることと、何より死なない一番の理由は、いま自殺したら、次の人生は、もう一度最初からやり直ししなければならないから。だから死なないというより、死ねないに近い。

もう一度最初からなんて、二度と無理。

こう書いている私だが、今現在の母親への気持ちは、実は感謝に近い。

私のために、この役割を引き受けてくれてありがとう。私の一部は、それが本当だと分かっていて、母の人生は、また母のものであって、それは完璧なものであることもわかっている。

そして、私の人生も完璧なもので、困難だと思ったことも、私がその時に判断しただけで、本当は困難などではなく、愛に満ちたことだと思うこともできたのだ。本当に。

まあ、同時に起こっていることは、エネルギー的に未だに母親と癒着している部分があり、私は母をエネルギーで助けてしまっていること。つまり共依存は未だ続いている。だから、手放しで感謝とはいかないのが現実だし、あらゆる場面で母親の幻影が頭をよぎるのも事実。よろしくない方向に。

だがそれも、以前よりも薄れてきている。依存関係もかなり解消されてきた。

母とすれば、私とのこの共依存・癒着関係を続けたいわけで、それは、私がお腹にいるときから、私のエネルギーを奪い続けているからで、無自覚でそうしていると思う。

そして、私は、今母親と向き合って、この依存関係の落とし前をつけたいと思っている。

母とは、魂のつながりがあり、一緒に何度も転生している。

彼女のことは理解はできるけれど、私とは全く違う。こんなに考え方も何もかも違う親子もいないと思う。しかし、それも彼女の精一杯の人生なのだ。

過去世では、私が彼女をいじめたこともあった。その意味ではお互い様。

ここまで生きてきたから、死ななかったからわかったこともたくさんある。

スピリチュアルを学べば、そんなことは本を読めばわかることではあるのだが、実際に自分で実感するのとは違う。

本当に実感として、この役割を引き受けてくれてありがとうと思い始めている。

そして、今の価値観ではそれが厳しく、また人権侵害、虐待だと思えるようなことであっても、誰もが、それがいいと思ってやっている。

悪いと思ってやっている人はいない。

親から教えられたこと、家系から受け継いできたこと、魂の転生からも、本当にそれが最善だと思ってるからやるのだ。

また実際に、私の父方の家系で脈々と続きてきたことがあったのだが、それをやり始めたのは、過去世の自分だった。そんなこともあった。

なんだか最近、社会的な価値観が削げ落ち始めていて、魂レベルの自分へと変容し始めている。

例えば40代だったらこんな感じ、といった社会的な標準が全く意味をなさないことも実感し始めている。

みんながそのままで最善なことがわかり始めている。

そして、これまでの人生において、常に最善を選択してきたことが、わかり始めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*