虐待?殺人?

身体に残っていた虐待?の記憶。

食べ物を与えられなかった。

心臓は何回か止まった。顔に布をかけられたりもした。埋められたか、真っ暗な中に入れられたこともあった。

その時には高次元との間で、生きるかどうかを問われて、私はもう一度生きることを選んだ。

母は、子供を産む必要があったため、私を産んだが、自分の責任が終われば、私は必要なかった。おそらく、ある程度まで私が生きれば、その後死んだとしても、自分の責任は問われないと思っていたようだ。

子供を育てるという認識がなかった。自分の都合で子供は存在していた。

そんなことがあって、私は母の裏の心を読むようになっていった。

人の心の裏側を読むようになった。

生きるためには人の心の裏側を読んでそれに従うしかないと思っていた。

嫌な性格になったと思うが、生きるためには仕方なかった。そうするしかないと思ったのは本当に乳児か幼児の頃だ。責めるなんて出来ない。

愛情をかけてくれるはずの母親から殺されかけたとしたら、どんなに嫌な人間になったとしても仕方ないと思う。実際に嫌な人間だったと思う。ここ数年は、自分の器の小ささに笑ったこともある。

愛着障害。私のような愛情を受けて育たなかった人をそう呼ぶ。

インナーチャイルドの癒やしは必須となる。私も毎日やっているが、インナーチャイルドに向き合えるようになるまでには年数がかかる人もいる。私の場合にはスピリチュアルに目覚めてから7年か8年はかかった。それは本当に癒されてしまうし、本当に自分に向き合うことになるからだと思う。

そして実際のところだが、今日は仕事に行かず、一日何もせずに過ごした。夕方になり情けないと涙が出た。

しかし、ミカエルがやってきて、そう思わなくてもいいこと、大きな山を越えようとしているから、そうなってるだけ、今日はピザを注文して動画を見続けてもいい。自分をダメだとは思わないでと言ってくれた。

明日は仕事。今ごろは再就職している予定だったが、うまくいかない。その日暮らしだなあと思ったりする。

それも、今心の準備してそうなってるから、ちゃんと進んでいるから大丈夫と、ミカエルや天使たちが言ってくれた。

いいこともある。私は依存症だった。その時々で、過食だったり、動画を一日中見続けたり、買い物中毒になったり。

しかし、そのどれも、もうやっていたない。摂食障害も、買い物中毒も、なくなったし、動画も見なくなっている。今日は久しぶりに見たけれど。タバコは大昔に吸いたくなくなった。

なんでやめられたかといえば、過食をしても、買い物をしても、動画を見ても、気が晴れることがなくなったからだ。それよりも、美味しいものを普通の量食べるほうが楽しくなったし、本当に好きなものを買いたいと思うようになったし、本当に見たい映画だけを見たいと思うようになった。

虐待?殺人?今となっては分からないが、そんな中を生きてきた私、人生はただ過ぎていくのを見ているしかないと思っていた私においても、少しづつ自分を取り戻すことができていると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*