薬に頼らない全く新しい治癒の提案★がんサポート

あなたの中にある力を呼び戻そう

 

 

今は日本人の二人に一人が癌にかかり、三人に一人ががんで亡くなる時代です。

その意味では、つらいことには変わりませんが、自分だけが苦しんでいるというわけではないですし、それだけ多くの人の課題だとすると、解決法も多様にあってもおかしくありません。

健康情報や民間療法が溢れていることも、人々のニーズの高まりの現れと言えます。

 

 

しかし、現在のがんの治療の方法は限られています。

そして、これまでと同じ治療に疑問を持っている方も少なからずいらっしゃいます。

手術と抗がん剤と放射線以外で治すという道を模索している方も多いのです。

 

 

 

イメージの力・波動と周波数

 

さて、がんは他の病気と比べて、治りにくい、大変なことになった、かかったら最後だ、というようなイメージがあるのは確かです。実際に長くそうでしたから。

 

私の父が癌になり手術した時には、術後すぐに病院のトイレに行ったり普通の食事にも戻ったことから、親戚たちが、実はもう末期で助からないのでは?私達家族が隠しているんだと勘違いしたこともあったくらいです。

 

それだけ、治らないというイメージが先行してしまっています。

 

しかし、実際には違ってきています。

 

 

さて、ここでは、イメージというものはとても大きな影響を与えることを先にお伝えしたいと思います。

 

たとえば、癌は治りにくいと思っている人と、楽観的に捉えている人とでは、治癒の早さにも差が出てきます。

 

笑いが健康に良いことはもう常識となりつつありますよね。

 

 

病気とは、あなたの意思や思いや考えと無関係に現れるわけではありません。

 

 

たとえ病気であっても、あなたの身に起こっていうことは、あなたの何らかの考え方や感情や生活習慣などが原因となっているわけです。

 

 

 

がんにも特定の周波数がある

 

例えば、マイナス思考の人と、なんでもプラスに考える人がいるとして、どちらが病気にかかりやすいかと言えば、マイナス思考の人でしょう。

 

もちろん、プラス思考の人が病気にならないとは言えません。

 

では例えば、マイナス思考の人が病気になったことをきっかけに、自分を変化させようと思いたちプラス思考を心がけたとしたらどうでしょうか。

 

 

健康なままだったら、なかなか自分の考え方の癖を変えることは難しいですが、病気を通したからこそ自分を変えることができたといえるでしょう。

 

 

また、以前とは違うポジティブな精神状態になったともいえます。

 

これを波動が変わったとか、周波数が変化したとも言います。

 

がんにも特定の波動があります。

 

 

マイナス思考でがんと親和性の高い波動だった人が、プラス思考の波動になったことで、がんとの親和性は弱まります。

 

引き寄せの法則と同じことで、同じ波動の者同士が引かれ合います。

 

つまりがんが寄って来にくくなります。

 

 

 

 

このように考え方を変えただけでも波動は変わるんです。

 

それだけ、あなたの持っているイメージ、考え方や思考の力は大きいということ。

 

まずは、癌とは大変なものだ、治らないなどのイメージを持っていたら、それを捉えなおすことも大切です。

 

 

 

がんサポート5つのステップ

 

ここでのがんサポートは、

  1. イメージを捉え直す
  2. 病気は自分がつくったこと?
  3. がんがあったことで発見したことは?
  4. これって忌み嫌うものなの?自分の内側なのに?
  5. 病気との和解、自分との和解

同時にエネルギーで変容してきます。

 

 

1のイメージを捉え直すことは理解していただけたと思います。

 

では、2の癌をつくり出したのは自分であることについて。

 

 

癌のメカニズムは、正常な細胞が遺伝子の傷が原因で異常な働きを始めてしまうこと。そしてはじめは一つの異常な細胞が何年もかかって増えてやがて悪性腫瘍・癌となっていくこと・・・・

という説明がされています。

 

 

しかしここでは、状態の説明よりも、どうして癌になったのかについてを考えてみましょう。

  • 環境
  • 遺伝
  • 生活習慣

についてです。この3つは折り重なっています。

 

遺伝と言ってしまえば取り返しがつかないように思えますが、実のところ生活を共にすることによる家族に伝わる習慣をただ受け継いでいるということです。

 

それが、癌の家系などと言われるものの正体です。

 

つまり、家族に伝わっていて、おそらく自覚なく普通に行っている習慣の中に、見直すべき習慣や考え方の癖があるのです。

この習慣は、あまりに自分の一部となっていて無意識で行っていることが多くあります。

 

遺伝と聞くと、諦めるしかないように感じますが、実際には癌につながっている習慣や行動様式を変えることは可能なのです。その部分を見ていきましょう。

 

 

では、3の癌があったからこそ出来たことを見つめていきましょう。

 

 

あなたはもしかすると、この間、これまでの人生の中で最も自分を省みたのではないでしょうか。

または、内観を始めたり、たくさんの本を読んだかもしれません。

人の話を聞くようになったかもしれません。

 

癌になってしまったこと自体は辛い経験だったかもしれませんが、そこからあなたが変化して、成長したことも確かだと思うのです。

 

その経験に光を当てることは大切です。何より頑張ってきたあなたを認めてあげましょう。

 

人生の経験の中で、100%ネガティブなこともないし、100%ポジティブなこともありません。

 

全ては陰と陽が混ざっています。

 

 

 

4,癌とは忌み嫌うもの?

 

ここでは北風と太陽の話しにヒントがあると思います。どんなに強い北風でも、それに抵抗している限りは人生はあなたにNOと言うでしょう。

しかし、太陽の光、それを愛情と表現しますが、愛情を持って人生を見た時、若者はマントを抜きます。それは人生があなたにYESを言う時です。

 

今のあなたは、これまでのあなたがつくり出したものの総称です。

そして癌はあなたの一部なのです。

 

 

 

5、癌は、あなたに何を伝えようとしているのでしょうか。

 

人生で無駄なことは一つもなく、全ては必然である。という言葉があります。

また、こんな言葉もあります。あなたに起こることの全ては神様からのプレゼント。人生とは喜んでその箱を開けていくことである。

 

 

さて実際に例えばこんな方がいます(どちらも実話です。)

 

★数年間にわたって目一杯働いていて、休みたいけれど休めない。そんなときに、病気で倒れ入院した。仕事が気になりどうしようかと思ったが休むしかなかった。

後になって、身体が休みたかったからそうしたことに気がついた。ゆっくり休んだことから、働き方も変えることが出来た。あれは天の計らいだったように思える。

 

★続いては私の友人の話です。

車での衝突事故に見舞われる。直ぐに手術を受けたが、術後の経過が思わしくなく医療ミスがあったことが分かった。再手術も不可能で後遺症が残ったが、その後病院とは謝罪と見舞金で和解に至った。

その後導かれるように、ハワイと日本を往復してヒーリングやホディワークを学び始め、現在はハワイと日本の架け橋となる活動をしている。今思えばあの事故がすべてのきっかけとなっている。渡航費用もスクール代もすべてまかなえたし、何より大好きなことを出来ている。

 

・・・・・・

 

あなたのギフトはあなたに何を伝えているのでしょう。

 

 

 

 

★がんサポートセッションのご案内★

 

この5つのステップを見ていきながら、他にも、

  • 癌の原因となった出来事を見つける
  • 潜在意識レベルでもイメージを書き換える
  • 身体をくまなくエネルギーヒーリング
  • 忘れていたことを思い出したくさん話す、
  • 泣くのを我慢した分だけ泣く、
  • 感情を感じることを自分に許可する
  • 誰かのことを許す

などなど一人ひとりに合わせたセッション内容を提供していきます。

 

 

★興味のある方、どんなセッションなのか試してみたい方は、初回お試しセッションをどうぞ★

  • 遠隔は、スカイプ、メッセンジャーなどで、1回40分5000円
  • 対面は、自由が丘、目黒区のサロン、カフェなどで、1回40分6000円

*お試しセッションはいつまで行うかは未定。早めのお申込みが確実です。

★セッションご希望の方は、お名前、メール、ご希望日時、対面か遠隔のどちらかと、がんサポート初回お試し希望をお知らせください。

*事前のお支払をお願いしております。パイパルでのクレジット決済ご希望の方はお申込メールにお書き添えください。

★セッション当日は浄化を促進するためにミネラルウォーターをたくさんお摂りください。

 

 

 

 

あなたの使命や魂の目的と繋がろう

 

 

あなたには、この人生を生きるための、魂での使命や目的があります。

それらは、多くの場合、あなたの最も辛かった出来事の中に転がっているようなものなのです。

 

もう一歩踏み込んで、あなたの人生の目的や使命を発見してください。

それは、いつもそこにあってあなたが発見するのを待っています。